心のお悩み解決ブログ

2013年6月24日 月曜日

風邪をひいたり、気管支炎になったりすれば、
気管支の炎症によって咳が出ますね。
また、喘息でも咳が出ます。
咳は、一度出ると止まりにくく、
厄介なものです。

精神的な要因でも、咳が出ることがあります。
神経因性咳嗽。心因的な咳嗽です。
これは、咳止めだけでは咳が止まりません。
咳止めと同時に、安定剤などで治療する必要があります。

大きなストレスがかかって、それと同時に風邪をひき、
咳が出始めると、そのまま止まらなくなったりする。
咳止めを飲んでも、気管拡張剤を投与しても、咳がよくならない。
そのような場合は、そのストレスが原因の神経因性咳嗽の可能性があります。

根本的な治療は、ストレスの解消、自律神経の調整でしょう。
咳止めの使用は、必要最小限でいいと思います。

咳は、止まらないと、それだけでストレスになります。
常にストレスケアを心がけましょう。



投稿者 メグ・マグノリアクリニック

新着情報

一覧を見る

2014/10/17
2014/10/07
2014/8/7

夏休みのお知らせ 8月24日~27日を夏休みとさせていただきます。 お盆の時期は通常通りの診療となります。 よろしくお願いいたします。

2014/08/07

アクセス


大きな地図で見る

〒178-0062
東京都練馬区大泉町1-54-15

お問い合わせ 詳しくはこちら