心のお悩み解決ブログ

2013年6月21日 金曜日

作話

嫌われたくないから、
自分をよく見せたいから、
などの理由で、無意識に話を作ってしまう方がいらっしゃいます。
これが病的なものか、ただ単に性格的なものか、うそつきなのか、
判断がとても難しいところですが、
病的な作話の場合、治療が必要です。

病的な作話の中には、じぶんが作った話を事実として認識してしまい、
現実と虚構の区別がつかなくなってしまう、厄介な方がいらっしゃいます。
相当精神的に疲れていたり、混乱していたり、というあらわれではないかと思います。

このような症状が出ると、周りはその人に振り回されてしまうことが多いです。
何が真実で、何が嘘なのか、
それがわからなくなってしまう。
とても怖い状態であるといえます。
本人にもわからなければ、周りの人たちも、どこまで信じていいのかわからなくなってしまう。

ストレスが過ぎると、神経が疲れすぎてしまって、
このような症状が出ることがあります。
このような症状が出るのなら、いったん休養が必要です。
それでも休養しなければ、精神が壊れてしまうかもしれません。

作話を自覚することは困難ですが、
周りの人に指摘されるようなことがあれば、
迷わず休養を取ることをお勧めします。

投稿者 メグ・マグノリアクリニック

新着情報

一覧を見る

2014/10/17
2014/10/07
2014/8/7

夏休みのお知らせ 8月24日~27日を夏休みとさせていただきます。 お盆の時期は通常通りの診療となります。 よろしくお願いいたします。

2014/08/07

アクセス


大きな地図で見る

〒178-0062
東京都練馬区大泉町1-54-15

お問い合わせ 詳しくはこちら