心のお悩み解決ブログ

2013年5月13日 月曜日

疲れをとる

何かをしていると、夢中になってしまうと時がたつのを忘れてしまいます
時がたつのを忘れてしまうと、気分はそう悪くはならないのに、
身体はちゃんと疲れを覚えています。
気分は、興奮、緊張しているせいで、夢中になっているときは悪くなりません。
しかし、それが終わった時、一気に疲れが出てしまいます。

そういう時、どうしますか?
当然、疲れを取るのですが、
どのように疲れを取るべきでしょうか?

休むことは当然。休むことは、疲れを取る基本ですね。
でも、休むだけでは、疲れが取れない経験をしたことはありませんか?
そういう時は、思い切った気分転換が必要になります。
確かに、休むことも気分転換の一つですが、
それだけではよくならないことが多いですね。

違うことをする、リラックスできることをする、というのは有効です。
ある程度、違うことで気を紛らわせることで、
ゆっくり休んで疲れを取るのが簡単になります。
ですから、疲れを取る時には、休むことと気楽にできる違うことを取り入れて、
ゆっくり気分転換することが大切です。

すごいことをする必要はないと思います。
たとえば、窓を開けるとか、玄関から1歩外へ出てみる、とか。
そんなことでいいと思います。
興奮した神経を鎮めたら、あとは寝ていただき、
疲れを取っていただければ完成でしょうか。

気分転換は大変重要です。
いつでも気分転換ができるように、自分の気分転換方法を考えておいてください。

新緑の季節、気持ちよく過ごせますように。





投稿者 メグ・マグノリアクリニック

新着情報

一覧を見る

2014/10/17
2014/10/07
2014/8/7

夏休みのお知らせ 8月24日~27日を夏休みとさせていただきます。 お盆の時期は通常通りの診療となります。 よろしくお願いいたします。

2014/08/07

アクセス


大きな地図で見る

〒178-0062
東京都練馬区大泉町1-54-15

お問い合わせ 詳しくはこちら